2020年度

第27回“写真で語る:「東京」の社会学”展―コロナ禍の「東京」現象―

第27回目となる2020年度のテーマは、ずばり「コロナ禍の東京現象」です。  今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、大学もオンライン授業になり、顔を合わしての作業が出来なかったりと、コロナ禍ゆえに様々な制約を受けたこともあって、作品は5点だけに留まりました。しかし、それぞれのチームで現場に立ち降りてのフィールドワークやゼミ内でのオンライン議論も共にしっかり行い、作品化まで辿り着きました。  今年度の作品は、コロナ禍によって見られた東京現象を題材に、過去作品は写真1枚のところ、今年はそれぞれ写真2枚を使いました。新型コロナウイルス感染症の広がりによって、東京で生じたこと、変化したことなどを研究し調査を行いましたので、ぜひ見て頂けたら幸いです。

プロジェクト