25.きっと彼も「東京人」!? ―外国人と内国人のボーダーレス―

1994_26_きっと彼も「東京人」!?.jpg
 人々がせわしく行きかう池袋駅の近く。国際化が進展する中、この街でも沢山の外国人を目にすることができる。以前、アジア系の外国人が従事する仕事といえば、“きつい・汚い・危険”の3K労働というイメージが強かった。最近では、この写真のようにティッシュ配りも見られるようになった。これも単純労働には違いないが、清潔をモットーにするティッシュを配るという行為は、3Kイメージとは相いれない。私たちが外国人を身近に感じるようになっている証拠なのか。それとも、外国人と内国人とを分け隔てる境界線自体が大分薄れてきている、ということなのか。
 これも、「ボーダーレス化社会」(桜井哲夫)の一断面と言えるのかも知れない。
写真原作者:日本大学2年 渡部真由美

プロジェクト