23.甲州街道みぎひだり ―都市景観に見るモダニティの両極分解―

1994_24_甲州街道みぎひだり.jpg
 JR新宿駅の南口から国道20号線(甲州街道)沿いに歩いて約10分、右へ曲ればNSビルや東京都庁、直進すれば新宿パークタワーがあるという地点。そこを左へ20メートルぐらい入ったところにあるのが、この道だ。何ともきたならしい塀ではあるが、都会ではよく目にすること。でも、ここ西新宿は、超高層ビルが林立する、実に現代的(モダン)なつくりで整備された新都心。それとあまりに対照的な光景がほんの少し踏み込んだすぐ隣に存在する、ということが不思議なくらいだ。とても現代的とは言えない。しかし、近代的(モダン)ではある。
 modernを“近代”とするか“現代”とするかで、かくも違う。新宿は、異質なモダニティが同居する、ポスト・モダンな街なのか。
写真原作者:法政大学4年 渡部由実子

プロジェクト